絵本を贈ろう

出産のお祝いギフトというと「すぐに使うことの出来るもの」に限定されてしまいがちなものです。
しかし、出産とはゴールではなく、これから続いて行く長い子育てのスタートなのです。
少し先を見越した贈り物をしてみるのも良いのではないでしょうか。
赤ちゃんの使うおもちゃではなく、少し大きくなった子どもの遊ぶおもちゃをプレゼントするというのもそのひとつです。
そのおもちゃを使えるようになるほどに成長するわが子を楽しみに子育てをすることができるのではないでしょうか。
また、絵本をプレゼントするというのも良いと思います。
赤ちゃんは本を読んであげてもまだ理解することはできませんが、大きくなったら一緒に読もうと楽しみにすることができます。
また、まだ絵本の内容を理解することの出来ない赤ちゃんでも、読み聞かせをしてあげることはできると思います。
子ども向けの絵本には、短い言葉でリズム良く書かれた文章が多いので、お母さんが読んであげることで子守歌の様な効果も期待できるのです。
また、絵本は、子どもだけが読むものではありません。
良い絵本というものは、大人の胸にも響くものです。
一生懸命子育てを頑張っているお母さんにとっては癒しの贈り物とすることができるのではないでしょうか。
親も子供も楽しむことの出来るプレゼントである絵本は、きっと長い間親子を楽しませてくれるアイテムとなるでしょう。
最新の絵本もいいですが、親世代が昔読んだことがあるような懐かしめの絵本をチョイスするのもおススメです。

Copyright (C)2017こころをこめて贈りたいお祝いギフト.All rights reserved.